このサイトは貸別荘に関するサイトです。

このサイトはLINK FREEです。

COUNTRY HOUSEタイトル
COUNTRY HOUSE装飾バー

温泉つきの貸別荘

貸別荘には「温泉付き」の表示がある貸別荘もありますが、貸別荘がそれぞれ異なるように温泉も色々あります。温泉付きのログハウスもあるらしい。

温泉の営業は「温泉法」と呼ばれる法律があり、貸別荘と言えどもこの法律の許可を得る必要があります。

この法律の許可を得ていないものは温泉ではない場合か、又は違法営業を行っているのどちらかになります。

温泉の成分分析書の掲示が義務付けられているので、最低限温泉の成分分析書を確認するようにしましょう。

この法律で問題になっていることは水を加えたり、濾過した場合でも温泉と言えるのかということです。



特に共同浴場タイプの温泉は水を加えたり、濾過している可能性があり、加水や濾過を行えば、温泉のの質が低下することになります。
それに温泉を濾過して再利用している場合は、レジオネラ菌などの発生を防ぐため、塩素が入れてあり大抵塩素臭がするので、手で温泉を臭いしてみてチェックするとわかります。

貸別荘に個別の温泉が引かれているときは、ほとんど使い捨てなので安心して使用することができますが、「加水」や「加熱」をしている可能性はあります。

旅の疲れにお風呂は誰だって気持ち良いと思うので、普通のお湯を「温泉」と言われれば、温泉と思い込み「やっぱり温泉はいいな」と思うはずです。

温泉をアピールしている貸別荘があったら本当に温泉なのか、確認するようにしてください。


貸別荘の宿泊料金

貸別荘の宿泊料金の設定は多くの貸別荘業者が営業で生計を立てている以上、当然経営が成り立たないといけません。

 

貸別荘の建物によるコストダウン

コストダウンの一般的なものとしては古い建物を貸別荘として利用することです。

貸別荘の手入れがされ、室内が丁寧に清掃や管理されていれば、問題はないと思います。 老舗の旅館などの古い建物でも貸別荘として利用しても大丈夫だと思います。

貸別荘の料金が安くても、清掃や管理がきちんとしているのかがポイントになると思います。

 

貸別荘の人件費の削除
大手の貸別荘の業者はシーズン時期になると大量の宿泊者を受け入れるためにアルバイトの人たちを多く雇うケースがあります。

しかし、短期の「アルバイト」の場合、管理体制に慣れていない場合や低賃金だった場合に士気の低下などが考えられるので、お客様の苦情を直接聞いたとしても立場的に問題があると思います。

たくさんの貸別荘を抱えている業者の場合、そういった点に注意が必要だといえます。

 

集客業務の効率化
宿(貸別荘)は、どのようにして宿泊の客を集めるのでしょうか。

旅行代理店や雑誌広告などのが考えられますが、当然コストが掛かります。

その点、宿(貸別荘)がインターネットを利用して直接ホームページで集客している場合、コストがほとんど掛かりません。

コミュニティやリピーターと同じで宿泊料金を下げる有効な手段だと思います。
色々な手段で集客している宿(貸別荘)の場合、インターネット割引があるかどうかがポイントになります。

インターネット割引がない場合はすべて浮いた経費は宿(貸別荘)の利益になります。
大手旅行代理店のホームページをチェックして、宿(貸別荘)のオリジナルページの料金と比べてみると最低でも10%ぐらいの割引がないとインターネットを利用して宿探しをする利点が半減します。

たとえば、仙台の賃貸物件で駐車場がないアパートのそばに作る、仙台賃貸には駐車場がない物件も時々あるそうです。仙台賃貸物件のそばに空き地を持っているならねらい目ですね!!

最終更新日:2014/9/18