このサイトは貸別荘に関するサイトです。

このサイトはLINK FREEです。

COUNTRY HOUSEタイトル
COUNTRY HOUSE装飾バー

貸別荘のチェック2

 

別荘(貸別荘)の湿気対策

住居には快適な生活を送るために、日照と風通しが必要であることは良く知られています。 それに対して、別荘(貸別荘)で毎日生活するわけではないので、日照や風通しをそれほど必要としないと考えられています。

しかし、これは個人で別荘を所有する場合のことであって、貸別荘を経営する場合は、管理上どうしても必要になってくるでしょう。

なぜなら、貸別荘を経営す以上、衛生面に気をつけないといけないことは数多くの<別荘の選び方紹介サイトで言われています。。

今の場合だと日照による殺菌や乾燥効果は、エアコンなどとは比較にならないぐらい良く、日が差し込まない環境では、布団を干すこともできません。

たまに布団など干されていない貸別荘があるので、ちゃんと衛生面など管理されているかどうか事前に確認してください。

風通しが良いとカビの発生などの湿気を防ぎ、窓を開放しておくだけで、前の客が残した様々なにおいを消してくれます。

 

別荘(貸別荘)の全景写真

別荘(貸別荘)の全景写真を見て、周囲に日照や風通しを妨ぐものがないか確認してください。

林など木に囲まれていて、建物が良く見えない場合は湿気などが多く、風通しが悪いことがあるので注意が必要です。

日当たりの良い建物の2階などにベランダや1階にテラスがある場合は、掃除中などにここで布団を干している可能性があるので良いでしょう。

 

別荘(貸別荘)の備品リスト
別荘(貸別荘)を貸りる場合、ホームページなどに備品リストや備品が分かるものがあるので、室内乾燥機やエアコン、布団乾燥機など、湿気に配慮した備品がないか確認するようにしましょう。

別荘(貸別荘)の湿気に気を使っている業者なら、そういった備品があると思います。

 

別荘(貸別荘)の地域の気候
どんなに別荘(貸別荘)の湿気に気を配っても、梅雨の時期や秋雨の時期はどんな別荘(貸別荘)でもカビが発生する可能性があります。

特に雨が降り続く時期の天気予報は、必ずチェックした方が良いといえます。
冬場に別荘(貸別荘)を貸りる場合、太平洋側にある別荘(貸別荘)がお勧めです。

冬型の気圧配置で乾燥した晴天が続くので雪が降ることが少なく、室内に湿気がこもる心配が少ないのです。

 

別荘(貸別荘)のホームページ
別荘(貸別荘)のホームページは、業者によるホームページとデザインのプロに委託したホームページでは、どちらが正確に貸別荘の事を伝えることができるのかと言うと、業者によるホームページの方が貸し別荘のことがわかり易いでしょう。不動産仲介業者の役割として、こうした紹介にも力を入れて欲しいところです。

業者によるホームページは客からの問い合わせに対して更新をしていることが多いので、より使いやすく別荘(貸別荘)の状態などの情報を明確に載せているページが多いのです。

 

別荘(貸別荘)の全景写真

ホームページで別荘(貸別荘)の全景写真は、一番重要なチェックポイントなのです。

しかし、別荘(貸別荘)の写真が建物の一部だけの場合もあり、本当に建物の一部分しか撮影できないこともあると思いますが、わざと一部分しか撮影していないこともあります。 それに別荘(貸別荘)の画像が小さくてはっきり見えないこともあるので注意してください。

別荘(貸別荘)の全景写真がない場合は、なぜ写真がないのか、問い合わせてみるのも良いと思います。

別荘(貸別荘)の全景写真からは、下記の項目からチェックしてください。
  • ・別荘(貸別荘)の周辺が住宅街又は林、それに日照や風通しは良いかなど
  • ・別荘(貸別荘)の建物の雰囲気や築年数が古いか
  • ・別荘(貸別荘)の建物のタイプ、隣接した建物がないかなど

 

別荘(貸別荘)の予約状況

別荘(貸別荘)のホームページ上で、予約状況が分かる場合は業者が作っている可能性が高く、予約状況をいちいち更新してもらっていては返って時間が掛かります。

予約状況が分かるホームページは問い合わせにおいて、電話とファックスだけでなく、メールやフォームなど利用することができると思います。

予約状況を見て定期的に客が入っているなら、管理や清掃が定期的に行われていることになります。

夏などのシーズン期に、予約状況が予約でいっぱいという大手などの別荘の業者の場合はアルバイトの人が多い可能性があり、清掃や管理などしっかりできているかの確認が必要です。

 

別荘(貸別荘)の質問
別荘(貸別荘)のホームページに質問がある場合、インターネット上で取引が良く行われているのか、チェックするポイントになります。

問い合わせがよくあるページなので、その手間を省くために質問のページがあるのでそういったところもチェックする必要があるのです。
recommend

2015/2/18 更新