このサイトは貸別荘に関するサイトです。

このサイトはLINK FREEです。

COUNTRY HOUSEタイトル
COUNTRY HOUSE装飾バー

貸別荘の注意点

貸別荘を利用して十分楽しむ為にはマナーやエチケットが大切です。
賃貸・不動産投資や物件とは少し違ったマナーなどになりますのでしっかりと理解しておきましょう。

 

チェックイン

チェックインするときは貸別荘を管理している管理人から、鍵を受け取らないといけないのでチェックインの時間は前もって確認するようにしましょう。
もし、遅れる場合は貸別荘の管理人に必ず連絡するようにしましょう。

大騒ぎ
ホテルや旅館などに比べて、貸別荘は規制が少ないのですが、度を越えた大騒ぎは他の宿泊者や近隣の人々に迷惑をかけるので、マナーをしっかり守って皆が楽しく過ごすように心がけることが大切です。不動産豆知識として覚えておきましょう。

 

ペット

最近ではペットと宿泊できる貸別荘が増えているのですが、条件が多いのでペットと宿泊することが可能な貸別荘でも、前もって条件を確認するようにしましょう。

 

備品

ホテルではアメニティーセットなど持ち帰ることができるものもありますが、貸別荘では基本的に持ち帰ることは禁止になっています。

それに調味料などの消耗品に使用制限している貸別荘があるので宿泊するときに確認するようにしましょう。

 

森林の中の貸別荘
森林の中の貸別荘って緑に囲まれていてとても気持ちがいいと思います。

5月の新緑の季節や夏の日差しが強い時期は住居の周りの木々は、日差しを和らげ、私たちの気持ちをリフレッシュしてくれると思います。

自然の中の木々に恵まれた環境の貸別荘を借りるのはとてもいい季節なので一度貸別荘を利用するのも良いと思います。

ただし、こういった山の中の貸別荘を借りるときは、湿気対策がちゃんと行っていることが絶対条件になります。

貸別荘は、自然環境の良い山の中などに作られることが多いので、木々により日光や通風などが遮られるので、下記のような問題が発生し易くなるのです。


1.室内が多湿になり、カビなどが発生し易くなり、カビ臭くなるのです。



2.布団など干し難くくなり、湿っぽくなるのです。



3.落ち葉か除去されないで残っていると腐葉土になって周囲も湿気の多い状態になるのです。



落ち葉や腐葉土はムカデなどの害虫の温床ともなり、建物の傷みも早く、貸別荘が林の中で廃墟のようになった貸別荘もあるみたいです。

季節的にも梅雨時期や秋雨時期など、雨の降りやすい季節や冬季に多湿になる地方の別荘を借りる場合は、上記ような項目に気をつけて、対策をすると良いでしょう。

 

 

貸別荘で盛り上がるとき

周りに気兼ねなく仲間だけ会話やゲームをして盛り上がれることが、貸別荘の最大利点の一つとも言えます。 しかし、貸別荘いってもいくつかのタイプがあります。

1.コンドミニアムタイプ
コンドミニアムタイプはいわゆる集合住宅タイプの貸別荘で、アパートやマンションの見たいなもので、隣に別の宿泊客がいるので、防音などがしっかりしていないと音が筒抜けになります。

集団で楽しく騒ぎたいなら周りに迷惑が掛かるので騒ぐことはできません。
バーベキューなどのアウトドアに拘らなければ、料金は安いことが多いので、少人数向きの貸別荘だといえます。



2.連棟タイプ
戸建の貸別荘が繋がっており、隣に別の宿泊客が泊まれるようになっています。
庭は使用することができるものが多く、写真では一戸建てと見分けることが難しいので、確認して貸別荘の予約をする方が良いでしょう。


3.一戸建てタイプ
貸別荘の建物が他と分かれているので、グループで盛り上がるのには一番適している貸別荘だと思います。

ただし、別の別荘や住宅がすぐ近くにあることがあり、貸別荘の予約を行うときは確認して予約するようにしてください。

仲間と盛り上がって騒がしくなったら周りに迷惑が掛かる人がいないか、確認して貸別荘の予約をしてください。

注目サイト

Last update:2017/2/1